現在のカゴの中

商品点数:0点

合計金額:0円

カゴの中を見る

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

営業日カレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2020年1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

加工について

高品質・高精度を実現する天満製鈑の冷間シート圧延 ワンストップ対応 高品質な圧延に必要な全ての工程を一貫生産。

中西金属の冷間シート圧延の特徴

  • 冷間圧延の特徴その1 好みの板厚が作れる。
  • 冷間圧延の特徴その2 硬さが調整できる。
  • 冷間圧延の特徴その3 表面がキレイになる。

中西金属の冷間シート圧延

オーダーメイドのようにご希望の板厚に仕上げます。

熱間圧延では出せない良好な光沢と板厚精度を確保。

カタサなどご希望通りのスペックに仕上げます。高炉メーカー等で冷間圧延出来ない『厚物の圧延』『市場にない板厚の圧延』『要求硬さを出す為の圧延』などのために冷間にてロール圧延しており、表面光沢のある粗度・良好な材料を生産します。


ご希望の板厚を実現!熱延では出せない板厚精度を確保。1.0mm~20.0mm(例)10.25mmなどコンマ単位まで対応。圧延幅 約100~500mm ※規格・仕様により異なります。

圧延能力

幅広いサイズに対応しています。

圧延可能域

※左図は加工可能範囲の参考です。
実際の材質、圧延率によって異なりますので、
詳細はお電話またはお問合せフォームにてご相談ください。
特に、グレーで示している範囲は加工条件によりご対応ができない場合がございますので、お問合わせください。

レベラー

圧延や切断などによる鋼板の反りを修復。

薄物から厚物まで、良好な平坦度に仕上げます。

薄物から厚物まで、良好な平坦度に仕上げます。

薄物から厚物まで、良好な平坦度に仕上げます。

処理可能な仕様
Aレベラー
6–20mm
材料幅
500mm
大型レベラー
6–16.6mm
材料幅
530mm
小型レベラー
2–6mm
材料幅
490mm
薄板レベラー
0.5–3mm
材料幅
400mm
加工で反りが発生した鋼材
加工で反りが発生した鋼材
矢印
レベラーで矯正した鋼材
レベラーで矯正した鋼材

シャー

お客様のシビアなご注文寸法もクリア。

お客様のスペック通りに正確な切断を行う機械です。長尺(4,000mm)・厚物(18mm)の鋼板を扱うことが可能です。

処理可能な仕様及び台数
板 厚
4–14mm
材料幅
4,000mm
1台
板 厚
4–18mm
材料幅
2,400mm
1台
板 厚
2–10mm
材料幅
2,400mm
1台
板 厚
1.2–16mm
材料幅
2,100mm
1台
板 厚
1.2–4.5mm
材料幅
1,900mm
1台
シャーの説明画像01
シャーの説明画像02

PAGE TOP